クチュール蘭 アマミコレクション蘭

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京奄美会 歓迎の夕べ

<<   作成日時 : 2010/06/05 15:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今日は雨です

ここ数日 やっと梅雨らしくなってきたような気がします


さて、昨夜は『東京奄美会 歓迎の夕べ』に出席いたしました。

東京奄美会は東京に在住されてます 奄美出身者の方々で

聞くところによりますと 4年に1回、奄美へ来られてるそうです。


私は式典の余興の司会を担当させていただきました。

『谷茶前(タンチャメ)』 『チバリ節』 を玉城流琉扇会 山元孝子琉舞道場の方々が

『恋蛇目』 『綾蝶』 を一条流紫寿音会(当店社長も出場)のお二人が踊られました。

続いて登場されましたのは 東京奄美会より 小坂田上さん です。

小坂さんは昨年の5月にセントラル楽器主催 第5回奄美歌謡選手権大会に出場されており、

翌月にCDデビューされた方です。




画像




『あ’犬田布岬』 『ひとり薩摩路』の2曲を熱唱されました。

ピンクのファー付きワンピースにティアラがキラキラ輝いてました。

このステージ衣装の前は 白紬のスーツだったと思います。

おしゃれに気を抜かないのは さすがだと思いました。

それからもうお一人 東京奄美会より 歌っていただきました。

泉洲一さんはご自分で作詞作曲された『奄美しま唄』を歌ってくださいました。

長旅の疲れも見えないくらい 熱唱されてました。

続いて 島唄を 元陽子さん 永井美香さん姉妹に唄っていただきました。

3曲歌っていただきました。




画像





歌っている間 住んでいるのは関東ではありますが やはり島人!!!

どんどん前に出てこられ 踊りの輪がすぐ 出来上がりました。

余興最後には やはり 六調!!!

六調が始まると同時に 一斉に立ち上がり 皆さんで踊ってました。

永井姉妹も気合が入ったようで、チヂン(太鼓)担当の正田さん(奄美観光ホテルの方)も

軽快なバチさばきを披露してくださいました。

最高潮!!!

一体となった瞬間でした。

最後の最後まで 熱は覚めやらぬ そのまま 二次会へ突撃されてました。

遠く離れていても 郷土を思う気持ちは 同じなのですね。

とても楽しいひとときを ありがとうございました。

ふと 『綾蝶』 を口ずさんでしまいました^^


(綾蝶とは色鮮やかな蝶を愛しい人に喩えています。『綾蝶』の歌詞には 故郷シマを離れて遠く都会へ出て行ってしまった人たちへ いつか戻っておいで 待ってるからね と呼びかけています。)



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京奄美会 歓迎の夕べ クチュール蘭 アマミコレクション蘭/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる